スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定は15日です&コミック10社会TAF不参加について

※12/14更新
13日都議会の委員会にて賛成多数となりました。
付帯決議で改正条例の「慎重な運用」を都に求めるとのことです。
15日の定例会本会議にて決定になるので、まだ確定ではありません。

今回の条例案が出されたことで、来年開催の東京国際アニメフェア(TAF)への出展をコミック10社会が取りやめることになりました。
・GIGAZINE NEWS『角川書店や講談社、集英社などのコミック10社会が東京国際アニメフェアへの参加拒否を発表
(コミック10社会……秋田書店 角川書店 講談社 集英社 小学館 少年画報社 新潮社 白泉社 双葉社 リイド社)
「アニメフェアへ不参加」ではなく「協力・参加を断固、拒否します」とのことです。
(※TAF実行委員長は、今回の条例改正案にGOサインを出した石原東京都知事です)
楽しみにしていた方にとっては、とても悲しいニュースですが、今回の条例改正案は、出版社がボイコットするほど運用が危険だということです。

TAFのボイコットについては、菅総理もブログで懸念しています。
菅総理民主党本部にお願いをしてみるのも一つの方法かもしれません。
あまり長文にならないように、簡潔に、自分の言葉を伝えることが良いと思います。



●民主党内での賛否が鍵になりそうです●
陳情書は都民以外でも、選挙権の無い方でも送ることが出来ます。


書き方等の解説をしてくださっているサイトさんを紹介します。
ぜひこちらを参考に、陳情書を書いて送ってください。

【都条例反対において今必要なこと】署名の現実性、陳情書や嘆願書
東京都青少年健全育成条例改正案への陳情書の書き方まとめサイト
マンガでわかる青少年健全育成条例の陳情書の書き方(もみじ真魚さん) →ブログ →PIXIV

※12/14正午まで陳情書を受け付けてもらえるとのことです。



忙しく、情報を追いきれない方へ●
ほぼ毎日更新されている、てんたまさん(@tentama_go)の都条例関連のまとめは、今日何があったか・どんな話題があったかがわかります。「字読むの苦手!」という方もぜひ。とても読みやすい文章です。
不安を抑えて都条例の現状とこれからを考えてみました


●12/6に大規模な集会がありました。
ご参加ありがとうございました!
当日は550人の座席数に、2000人近い方がいらしたそうです。
第二会場(集会中継)も準備されたのですが、それでも入りきらず多数の方にお帰りいただいたとのことです。
年末で色々とお忙しい中、ご参加ありがとうございました。
ニコニコ生放送・USTでも生中継がありました。ご参加ありがとうございました。

集会の実況まとめ
「12/6中野ゼロホール 『都条例改正案の問題点を検証するシンポジウム』 まとめ


「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」
12月6日(月) 開場18:30 開演19:00~(21:15終了予定)

場所:なかのZERO小ホール(JR/東西線中野駅南口から徒歩8分・駐輪場あり)アクセスMAP
主催:「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
<共同代表:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)>
協力:「コンテンツ文化研究会」

参加費:無料
事前申し込み:不要
取材の方:受付にて登録をお願いします。

<パネリスト予定者>
河合幹雄(桐蔭横浜大学法学部教授・法社会学者)
呉智英(評論家・日本マンガ学会会長)
兼光ダニエル真(翻訳家)
とり・みき(漫画家)
西谷隆行(日本雑誌協会・編集倫理委員会委員)
保坂展人(前衆議院議員・ジャーナリスト)
水戸 泉/小林来夏(作家)
山本弘(作家)
藤本由香里(明治大学准教授)
山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)

その他、登壇者鋭意交渉中!

前回の集会では1000人が集まったそうなのですが、今回はそれ以上の動員が必要だそうです。
平日で忙しい時期ではありますが、お近くの方で行くのを迷っている方は、遠方住まいで行けない人の代わりにどうか出席して下さい。
お願いします。



※12/7 0:30更新
■今回の都条例改正案に、改めて反対声明を出した団体(敬称略)■
日弁連(日本弁護士連合会)「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案」に関する会長声明
日本ペンクラブ「東京都青少年健全育成条例の修正改定案に反対する」
東京弁護士会「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正案に対する会長声明
出版倫理協議会私たちは、再提出される「東京都青少年健全育成条例改正案」に反対します!(pdfファイル)
社団法人 自由人権協会(人権協会)「東京都青少年健全育成条例改定案に関する声明」
出版流通対策協議会(流対協)東京都青少年育成条例の改定案に反対する声明
出版労連東京都青少年健全育成条例修正改定案に反対する声明
日本シナリオ作家協会東京都「青少年の健全な育成に関する条例」改正案に反対します
日本漫画家協会
21世紀コミック作家の会
マンガジャパン
「規制の範囲、むしろ拡大」――漫画家3団体、都条例改正案に反対声明(エキサイトニュース)
第二東京弁護士会「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正案についての会長声明




※終了しました。
●本日、記者会見があります。
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案」の問題点について
12月3日(金) 13:00~
場所:東京都庁記者クラブ ※記者会見のため一般の方は入場できません
主催:「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
共同代表:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所))
<登壇者>
河合幹雄(桐蔭横浜大学法学部法律学科教授)
呉智英(評論家・日本マンガ学会会長)
こうの史代(マンガ家)
高沼英樹(出版倫理協議会委員)
竹宮惠子(マンガ家、京都精華大学マンガ学部学部長)
西谷隆行(児童と表現のあり方検討委員会委員)
山田健太(日本ペンクラブ 言論表現委員会・委員長)
山中 恒(児童文学者)
藤本由香里(明治大学教授准教授)
山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)
プロフィール

Author:kiseijoshi
非実在青少年(描写された青少年)は児童ポルノではありません。

私たちは被害者の存在しない『創作物』の表現規制に反対をしています。
実際に被害者が存在する『児童ポルノ』規制に反対をしているわけではありません。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。